利用する時は

肌がささくれだったり、粉を吹いたり、赤みをおびたり、ひりひりした感覚を受けることがあります。これらの症状があらわれた時は乾燥肌になっている可能性が高く、肌をしっかりと保湿してあげることが大切になります。乾燥肌の保湿で重要なのは、お肌に悪影響をあたえないコスメを選択することです。

こうしたコスメには、添加物無配合や刺激の少ないものなどたくさんのタイプがあります。それらはお肌に刺激を与えるものが使用されていないので、乾燥肌でも安心して使える化粧品になります。利用する時に大切なのは、どんな化粧品でも皮膚に合っているのか確かめることです。なのでまずサンプルをもらって数日使ってみることが必要になります。

利用する時はフェイス部分に使うのではなく、かさつきが気になる腕などで使ってみるとよいです。そうして肌に合った場合は、たっぷりと水分補給することで肌を乾燥から守ってくれます。保湿の方法は、まずローションを手に出して温めるようにしてから皮膚に浸透させるように押し付けます。その後、乳液やクリームなどでローションに覆うようにして水分が蒸発しないように閉じ込めます。乾燥肌は確実に水分補給することが必要で、化粧品の選び方もとても外せない事になります。

乾燥はニキビにもNGです。できてしまった頬のニキビの治し方も、まずはしっかりと保湿から!