時間がかかってしまった

先日、近くのお店で友人に声をかけられたのですが、誰だかわかるまでかなりの時間を要してしまったんです。友人と言っても、中学卒業と同時に引っ越してしまったので、それ以来会っていなかったというのもありますし、そんなことよりもイメージが変わりすぎてて、思い出すのに時間がかかってしまったんです。

それは、彼女は小学生の時から両親のすすめで柔道に取り組んでいて、そのころはベリーショートにジャージという男の子かと見間違えるようなのが彼女の定番でした。引っ越したのも、柔道をもっとランクアップさせるためで、有名道場に通いやすいところに住むと考えたかららしいです。ですが、久しぶりに目の前に現れた彼女は、ふわりとしたロングヘアーにミニスカートというカッコで、きれいにお化粧して、昔のボーイッシュさがありません。

それで柔道はやっていないのかと思ったら、柔道の強豪大学に進み、今でも稽古に励んでいるとのこと。そういえばロングのウィッグをつけていたり、足には以前よりさらにいい筋肉がついていました。おばあちゃんの家に用事があって久しぶりにこちらに来たそうなのですが、知り合いに会うかも知れないと思っておしゃれを頑張ってみた、と笑う顔は以前と変わらず爽やかで、そんな再会に懐かしさとうれしさで複雑な感じでした。

デリケートゾーン黒ずみケアクリーム

サラサラ、つやつやの

サラサラ、つやつやのロングヘアって、女性の憧れですね。かくいう私も大学生の時は、 憧れを実現すべく、一生懸命に伸ばした腰まである長い髪をマジでキープしてました。必死というとオーバーに思うかもしれませんが、ロングヘアって管理が思った以上に難しいんです。

まず、洗髪する時間は長くなってしまうし、自然に乾くのを待っていたら乾くのに時間がかかりすぎるので、ドライヤーは必須アイテムです。これがまた結構な時間がかかりますし、乾かしただけではダメでしっかり伸ばさないとストンとしたサラサラなストレートにならないので、今度はヘアアイロンを使うことになります。

だから髪は痛みやすいですし、特に冬場は静電気が起こりやすく、頻繁にバチバチとなるので悩みのタネです。ナチュラルなロングヘアっていいますが、実際にはそんなものではなく、一生懸命作り上げた作品なんですよね。そんなに苦労して作っていた長い髪は、社会人になって、手入れに時間をかけられなくなったので、あっさりカットしてしまいました。ですが、髪の毛は長い方がやっぱり好きなので、今は手軽にウィッグを付けて、雰囲気の違う自分になっています。

 
デリケートゾーン臭いケア