時間がかかってしまった

先日、近くのお店で友人に声をかけられたのですが、誰だかわかるまでかなりの時間を要してしまったんです。友人と言っても、中学卒業と同時に引っ越してしまったので、それ以来会っていなかったというのもありますし、そんなことよりもイメージが変わりすぎてて、思い出すのに時間がかかってしまったんです。

それは、彼女は小学生の時から両親のすすめで柔道に取り組んでいて、そのころはベリーショートにジャージという男の子かと見間違えるようなのが彼女の定番でした。引っ越したのも、柔道をもっとランクアップさせるためで、有名道場に通いやすいところに住むと考えたかららしいです。ですが、久しぶりに目の前に現れた彼女は、ふわりとしたロングヘアーにミニスカートというカッコで、きれいにお化粧して、昔のボーイッシュさがありません。

それで柔道はやっていないのかと思ったら、柔道の強豪大学に進み、今でも稽古に励んでいるとのこと。そういえばロングのウィッグをつけていたり、足には以前よりさらにいい筋肉がついていました。おばあちゃんの家に用事があって久しぶりにこちらに来たそうなのですが、知り合いに会うかも知れないと思っておしゃれを頑張ってみた、と笑う顔は以前と変わらず爽やかで、そんな再会に懐かしさとうれしさで複雑な感じでした。

デリケートゾーン黒ずみケアクリーム